a000273

「To:」ヘッダからアドレス帳を元に、本文へ文字列を自動記入する Rev.20070216

秀丸メール用マクロのダウンロード

【はじめに】
・従来のマクロ名は『To: ヘッダに書かれているアドレスより、「○○の△△様」というような文字列を本文先頭に挿入する秀丸メール用マクロ』でした。
・従来バージョンから使用方法が変わっていますのでご注意ください。
・秀丸メール Ver.4.74β4で動作確認。

【内容】
 「To:」ヘッダからアドレス帳を元に、本文へ文字列を自動記入するマクロです。

【使用方法】
1.挿入したい行の先頭に <<InsertNameToHeader>> という文字列を書き、続けて書式に従って文字を書いておきます。

(例)
<<InsertNameToHeader>>[note2] [lastname][note1]

2.このマクロを実行します。
すると、書式が書かれている行を始点として書式に従って文字列が挿入されます。
※先の例では従来のバージョンと同じ書式になります。


書式として使えるのは以下の通りです。

[name]                  名前
[lastname]              名字
[note1]?[note8]        備考1?8
[email1]                Email
[email2]                Email <名前>

【改版履歴】
Rev.20070216 書式などを柔軟に対応できるように変更。
Rev.20060412 新規作成。

続きを読む

a000271

秀丸エディタのバージョンを挿入するマクロ (20070109)

秀丸メール用マクロのダウンロード

【内容】
 秀丸メールのバージョンを挿入する$(XMailer)と同じような感覚で秀丸エディタ(秀丸メールのエディタ部ではありません)のバージョンを挿入するマクロです。

【使用方法】
 挿入したい場所に $InsertHidemaruEditorVersion$ という文字列を書いておき、マクロを実行します。
すると「HidemaruEditor 6.00beta34」のように置き換わります。
コミュニテックスのサポート会議室用のヘッダテンプレートで使用することを目的として作成しました。

(注意)
・テンプレートでマクロを実行するようにすると自動起動のマクロが無効になるので、自動実行マクロの方でこのマクロを実行させるようにすることをおすすめします。
・レジストリの数値を参照しているのでバージョンアップ時の仕様変更などによって正しい数値にならない場合があることをご承知おき下さい。
・秀丸エディタ ver.6.50β13で確認。

【改版履歴】
Rev.20070109 Version6.50βでのレジストリ格納方法に対応。
Rev.20060727 秀丸メールの表現に合わせて「beta」の前後に空白を使わないようにした。(未公開版)
Rev.20060715 新規作成。

a000266

返信時の「Re:」記号を補正 Rev.20060919

秀丸メール用マクロのダウンロード

【内容】
 「Re:」「Re^2:」「Re[2]:」の形式を返信前のメールに関係なく、設定に合わせる秀丸メール用マクロです。
 設定自体は「全般的な設定」→「上級者向け」→「メール作成」に、「Re:」「Re^2:」「Re[2]:」の形式を選択できるようになっているのですが、
『返信元メールの題名が既に「Re^2」のようになっている場合には、ここの設定に関係なく、「Re^3」のように返信します。』
(ヘルプより引用)ということなのです。
 このマクロを使用することで、返信前の形式に関係なく、設定と同じ形式に修正します。
また、「Re[2]: Re^2:」などのように連続で付加されている場合は、数値を加算して「Re^4:」のようにまとめることもできます。

「Fw:」についての扱いを変更しました。(Rev.20060919)
例えば「Fw: Fw: Fw: あいうえお」となっているメールがある場合、返信時は「Re: あいうえお」、転送時は「Fw: あいうえお」
となるようにしました。ただし、転送の場合は設定がどうなっていても「Fw^2:」「Fw[2]:」のような形式にはしません。
なお、オプション扱いにしていますので、最初の行の「#option = 2;」を「#option = 1;」にすると「Re:」のみを補正するようになります。
(注記)「Fwd: 」や「[Fwd: あいうえお]」には対応していません。

【改版履歴】
Rev.20060919    更新フラグを消すようにした。「Fw:」も対象に含められるようにした。ソースを若干修正した。
Rev.20060529    返信記号を除いたタイトルにReが含まれている場合に無限ループになるのを修正した。
Rev.20060202    新規作成。

a000260

秀丸エディタのバージョンを挿入するマクロ Rev.20060715

秀丸メール用マクロのダウンロード

【内容】
 秀丸メールのバージョンを挿入する$(XMailer)と同じような感覚で秀丸エディタ(秀丸メールのエディタ部ではありません)のバージョンを挿入するマクロです。

【使用方法】
 挿入したい場所に $InsertHidemaruEditorVersion$ という文字列を書いておき、マクロを実行します。
テンプレートでの例は以下の通りです。

$$InsertHidemaruEditorVersion$$$-
$(ExecMacro,"HidemaruEditorVersion.mac")$-

すると「HidemaruEditor 6.00 beta 34」のように置き換わります。

コミュニテックスのサポート会議室用のテンプレートで使用することを目的として作成しました。

【改版履歴】
Rev.20060715 新規作成。

a000259

zip/cab/lzhファイルのWindows標準の関連づけを廃止する

エクスプローラで特別なことをしなくても圧縮ファイルの中身を見ることができるのはcab/zip/lzhである。(lzhはWindowsXP SP2で、Microsoft公式サイトからダウンロードして拡張した場合のみ)

しかし、専用のツールを使う場合は不要である。右クリック時のメニューに不要なものがあったりして目障りでもある。

設定方法:
・スタートメニューの「ファイルを指定して実行...」より以下のコマンドを打つ。
cabの場合:

regsvr32 /u cabview.dll

zipの場合:

regsvr32 /u zipfldr.dll

lzhの場合:

regsvr32 /u lzhfldr.dll

そして、仕上げに使用するツールで関連づけを設定する